06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
マリ
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
嫌われ松子の一生


かわいいまげて のばして お星さまをつかもう
まげて 背伸びして お空にとどこうかわいい

〜映画を観終わってから、すでに数時間は経っているのですが、今私の頭の中では、この曲のフレーズが何度も何度もリピートしています〜

今日は、久々に主人と二人で、岡山市にあるシネマクレールにて映画を観てきました。
こちらの映画館に行ったのは、これが3度目。
「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」
「CUBE2」
そして「嫌われ松子の一生」
どれも非常に個性的な作品でありました。
劇場内は禁煙&禁飲食、たまにうっとおしく思える非常口のランプや足元ランプはなく、まさに“映画を観るためだけの映画館”といった感じ。
受付の方も非常に物静かな感じなので、ロビーでさえも、おしゃべり禁止の雰囲気です(別にしゃべってもいいんですけどね/苦笑)。
だからでしょうか、女性の“お一人様”が多いようで、今回も15人ほどいたお客さんは、ほとんどが女性のお一人様でした。

今日は、私もお一人様だったら、号泣していたかもしれません。
主人に泣き顔を見られるのが恥ずかしくて、涙を我慢したけれど、それでもチビっとこぼれました。
「嫌われ松子の一生」ホントいい作品でしたよ。
正直、これほど感銘するとわねぇ〜自分でもびっくりですびっくり

緊張すると思わずタコみたいな顔をしてしまう松子(原作では、お腹を壊す)。
この変な顔だけを見ると、単なるコメディものなのかな?と思っていたのですが、この顔にもちゃ〜んと意味があって、非常に切ないのです。
そぉ〜全編に切なさが満載してます!

「一人でいるよりはマシ」

いろんなタイプの男性と付き合うのですが、その度に傷つき、殴られ、裏切られ、ボロボロになっていく...でも、一人は嫌だから、その人のために頑張っちゃうわけ。
そして、最期は。。。「うそ〜〜」ショックって感じ。
凄く愛されている人だったのにねぇ...気がつくのが遅かったね。

変な顔や、光ゲンジの内海くんのファンになるという設定は、原作にはないそうです。
もちろん、片平なぎさの登場するサスペンス劇場もね(笑)。
でも、こういう「ププッ」と笑える場面があったから、映画を観終わっても暗い気分にならずにすみました。
監督のアレンジの凄さでしょうね、音楽もよかったですチョキ

追記:松子が最期に愛した男性(いや、正確にいうと内海くんってことになるんですが)に、『CASSHERN』の伊勢谷さんが登場していました。
苦悩するシーンが、キャシャーン以外の何者でもありませんでした(笑)
もちち | か行 | 02:08 | comments(3) | trackbacks(1) | pookmark |
1/1PAGES | |