10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
マリ
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
PROFILE
SEARCH
<< 嫌われ松子の一生 | top | ザ・スーラ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
トリック 〜劇場版2〜
20060707_211675.jpg
我が家は家族揃って“トリック”ファンであります。
今回の劇場版2も、「やったぁ〜楽しみ楽しみ!」と小躍りしましたが、この手の作品で「劇場に行くのはなぁ〜」とためらいもありました。
(いくら好きでも「それはそれ、これはこれ」/汗)

でもね、テレビ版の再放送や、劇場版の放映、そして、「これでもか!」というほど流れるCMに、ついつい乗せられてしまい、劇場にて観て来ました。
いやはや、「トリック」に負けたというより、製作スタッフ(もしくは、テレ朝)に負けたって感じ(苦笑)。

ストーリーはね、片平なぎさ扮するインチキ霊能者筐神佐和子を、山田&上田コンビが、そのインチキを暴くという毎度お馴染みのパターン。
片平なぎさは、「嫌われ松子の一生」にも出演していたけれど、お笑いネタになりやすい女優さんに定着してますね(確かアイドルだったよね?)。
私の中でも“火サス2時間ドラマの女王”と“スチュワーデス物語のマリコ”のイメージがこびりついています。
なので、劇中白手袋を口ではずすシーンは、涙ものでしたぁ〜♪

まぁ〜↑なネタもあり、非常に楽しませていただきましたが...
「そうねぇ〜ちょっとしつこくな〜い上向き?」
3分に1度、いえ、2分に1度と思えるぺースで、駄洒落&ボケを連発してくる勢いに少々疲れました。
確かに、クスッと笑える“小ネタ”がトリックの人気の源だとは思うのだけど、今まで使われたギャグネタも、結構使われていて、「懐かしさ半分・飽きた半分」という感じ。
そのためか、せっかくの矢部刑事の“ハゲネタ”が、少々かすんでおりました[:がく〜:]。

やっぱりトリックは、1時間ぐらいが、ちょうどいいのかもね。
テレビ版の復活を祈っております。

それにしても、「トリック」のみならず、1時間ドラマを映画化するのって、結構無理がありますが、通常15分で完結する「ドラエもん」や「クレヨンしんちゃん」は、映画化されても、すごく見応えのある作品になりますよね?
(実際、めったに泣かない私が、この2作品で涙したことがあります。)
どうしてなのかなぁ?不思議ですね(苦笑)

<追記>
パンフに、上田の愛車“次郎号”のぺーパークラフトがついていたので作りました。
ちゃんとドアがはずれてるのが、お気に入りです車
もちち | た行 | 10:14 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 10:14 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
URL:
自称売れっ子天才奇術師山田奈緒子と自称天才物理学者上田次郎のコンビが、 怪しげな超常現象の秘密を解き明かす人気テレビシリーズの劇場版第2弾。 監督の堤幸彦以下、仲間由紀恵、阿部寛のお馴染みのキャストが再び顔を合わせ、 29年ぶりの映画出演となる片平なぎさや
噂の情報屋,2006/09/19 7:26 PM