08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
マリ
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
PROFILE
SEARCH
<< Harry Potter and the Goblet of fire | top | トリック 〜劇場版2〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
嫌われ松子の一生


かわいいまげて のばして お星さまをつかもう
まげて 背伸びして お空にとどこうかわいい

〜映画を観終わってから、すでに数時間は経っているのですが、今私の頭の中では、この曲のフレーズが何度も何度もリピートしています〜

今日は、久々に主人と二人で、岡山市にあるシネマクレールにて映画を観てきました。
こちらの映画館に行ったのは、これが3度目。
「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」
「CUBE2」
そして「嫌われ松子の一生」
どれも非常に個性的な作品でありました。
劇場内は禁煙&禁飲食、たまにうっとおしく思える非常口のランプや足元ランプはなく、まさに“映画を観るためだけの映画館”といった感じ。
受付の方も非常に物静かな感じなので、ロビーでさえも、おしゃべり禁止の雰囲気です(別にしゃべってもいいんですけどね/苦笑)。
だからでしょうか、女性の“お一人様”が多いようで、今回も15人ほどいたお客さんは、ほとんどが女性のお一人様でした。

今日は、私もお一人様だったら、号泣していたかもしれません。
主人に泣き顔を見られるのが恥ずかしくて、涙を我慢したけれど、それでもチビっとこぼれました。
「嫌われ松子の一生」ホントいい作品でしたよ。
正直、これほど感銘するとわねぇ〜自分でもびっくりですびっくり

緊張すると思わずタコみたいな顔をしてしまう松子(原作では、お腹を壊す)。
この変な顔だけを見ると、単なるコメディものなのかな?と思っていたのですが、この顔にもちゃ〜んと意味があって、非常に切ないのです。
そぉ〜全編に切なさが満載してます!

「一人でいるよりはマシ」

いろんなタイプの男性と付き合うのですが、その度に傷つき、殴られ、裏切られ、ボロボロになっていく...でも、一人は嫌だから、その人のために頑張っちゃうわけ。
そして、最期は。。。「うそ〜〜」ショックって感じ。
凄く愛されている人だったのにねぇ...気がつくのが遅かったね。

変な顔や、光ゲンジの内海くんのファンになるという設定は、原作にはないそうです。
もちろん、片平なぎさの登場するサスペンス劇場もね(笑)。
でも、こういう「ププッ」と笑える場面があったから、映画を観終わっても暗い気分にならずにすみました。
監督のアレンジの凄さでしょうね、音楽もよかったですチョキ

追記:松子が最期に愛した男性(いや、正確にいうと内海くんってことになるんですが)に、『CASSHERN』の伊勢谷さんが登場していました。
苦悩するシーンが、キャシャーン以外の何者でもありませんでした(笑)
もちち | か行 | 02:08 | comments(3) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 02:08 | - | - | pookmark |
Comment
観る人によって、救いのない話で終わるか、
あんな状況でも幸せに生きている松子を素敵に描いていると思うか、
賛否両論みたいね。

同監督の『下妻物語』が面白かったから見たかったんだけど、ビデオになるかも〜。
もちちの感想が、プラスイメージだったのが嬉しいわ。

posted by えしゃ母 ,2006/06/13 7:35 PM

もちちさん、えしゃ母さん、お久しぶりです(^0^)
松子は、私はまだ観てないのですが、
母は「後味が悪い…」とゲンナリ帰宅し、
富山にいる妹は「もう泣けちゃったわ〜!!サントラも買っちゃう♪」と絶賛。様々な意見がありますね〜。
でも、どちらも言っていたのが
「中谷美紀!!がんばったぁ!!」でした。

予告だけ見ても、音楽PVのようで楽しい。
なんとなく話は知っているのですが、
お茶屋さんも絶賛していましたし(もちちさん、その後も仲良くさせていただいてます!)、もちちさんもお気に入りとなれば、やはり観なくてはなぁ〜!

私の最近のお薦めは「佐賀のがばいばあちゃん」です。
またお時間ある時、キス☆バンも覗いてくださ〜い(^0^)
もちちさんのダイアリーは、PC開けるたび覗いています。
またカキコしますね〜!!

posted by すみよ ,2006/06/13 9:29 PM

お二人とも、コメントどうもありがとう♪
松子さん、ホントに悲惨でした。
(お世辞にも、「素敵な人生だった」という感想はもてません/苦笑)
でも、監督のアレンジが上手だから、とっても観やすかったです。
ぜひぜひ、ご覧あれ♪

>すみよさん
お久しぶりで〜す。お元気ですか?
実は私もよくキス☆バンにお邪魔してるんですよ(笑)。
またカキコに伺いますね。
「佐賀のがばいばあちゃん」お薦めどうもありがとう。
チェックしておきます!

posted by もちち@管理人 ,2006/06/15 12:29 AM










Trackback
URL:
山田宗樹の小説を「下妻物語」の中島哲也監督が映画化した 奇想天外な女の一生物語。 転落の一途を辿る壮絶なヒロイン川尻松子の人生を多彩な映像表現を駆使して カラフルかつポップに描いています。 教師をクビになり殺人まで犯してしまう川尻松子に中谷美紀が扮し、
噂の情報屋,2006/08/30 1:21 AM