12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
マリ
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
穴/HOLES
穴/HOLES

レンタルビデオ旧作5本で1000円!
映画好きの私には、とってもありがたいサービスではありますが、5本も借りるとなると、結構大変(汗)。
中には「パッケージの表紙が面白そうだから、とりあえず観てみよう」という理由でレンタルしちゃうものも出てきます。
まさに、業界の方は、“パッケージをあなどるなかれ!”ですね〜
大作でなくても、こんな理由で、お金をおとす客もいるんですから(苦笑)。

さて、そんなレンタルの仕方でも、観終わった後、人にもお薦めしたくなる作品に出会うことがあります。
この「穴」は、まさしくそういう作品の一つ。

グリーン・レイク・キャンプ=青少年犯罪者の矯正施設に行く羽目になった主人公スタンリーは、他の少年達と一緒に「人格形成のための穴掘り」をすることになります。
くる日もくる日も、シャベル片手に穴掘りをする毎日...
ところがある日、スタンリーが掘った穴から、小さな金属が出てきて、所長は大喜び♪
どうやら、この穴掘りには別の目的が...というストーリーなんです。

恐らくご存知ない方が多いのでは?と思いますが、原作はニューベリー賞など数多くの賞を受賞したベストセラー作品の映画化。
しかも、所長役にはシガニー・ウィバー、看守役には、ジョン・ボイドが起用されています。

同タイトルで、ホラーものがあるようですが、こちらは家族そろってご覧いただける秀作です。
徐々に深まっていく少年達の友情も必見ですよ〜
もちち | あ行 | 20:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スパイダーマン2
いやはや「ヒーローも大変なのねぇ〜」と思いながらの2時間7分でありました。
今回の敵は、実験ミスで、高度な知能を備えた金属製のアームに操られてしまったDr.オットー・オクタヴィウス。
そして、ピーター・パーカー(スパイダーマン)自身の運命であります。
前者の敵に関しては、まっ、いつものヒーローものにありがちな展開なのですが、後者の敵は、「う〜む、なるほどねぇ〜」と考えさせられる場面が非常に多かったです。

スパイダーマンだって、恋もしたいし、お金も欲しい!
けれど、究極のボランティアゆえ、どんなに命がけで皆を救っても、家賃も払えない有様。
おまけにメリー・ジェーンは、手の届かないところへ行こうとしている...そりゃ〜凹むよねぇ(汗)。
一度は自分自身のためだけに生きようとするけれど、サイレンが鳴るたびに葛藤するわけ...「いっそ、消防士か警察官になりゃいいじゃん!」と思ったのは私だけ?
「どうするんだ、ピーター!ええ〜い、しっかりしろ!!!」
...てな感じで、イライラ・ドキドキしながらお楽しみ下さい。

それにしても、トビーくんをスパイダーマンに起用したのは大正解だと思いました。
ちょっと気弱そうで、優柔不断っぽい感じ(いえ、貶しているわけではないのですよ/汗)が今回の“苦悩のスパイダーマン”にぴったり!
命がけで電車を止めた後、助けられた男性がマスクをとった顔を見て「まだ、子供じゃないか...」とつぶやくシーンは、うるっと来てしまいました。
童顔じゃないと、あのシーンは成り立ちませんもんね〜

あきらかに3作目が控えているエンディング...SW目指して、頑張って欲しいもんです(笑)
もちち | さ行 | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
シュレック2
待望の2作目、「シュレック2」。
個性豊かなキャラクターの楽しさと、フルCGアニメーションの精巧な画面の素晴らしさは言うまでもありませんが、豪華な声優軍には今回も脱帽。
シュレック(マイク・マイヤーズ)、フィオナ姫(キャメロン・ディアス)、ドンキー(エディ・マーフィ)に加え、長靴をはいたネコ(アントニオ・バンデラス)、リリアン王妃(ジュリー・アンドリュース/「サウンド・オブ・ミュージック」(65))などなど、とにかく「ギャラは総額おいくら?」と聞きたくなるほど。
...といっても、残念ながら我が家は日本語吹き替えでの観賞ですが、日本の声優軍も、関西弁を話の内容に上手く利用しつつ、奮闘してました!
(さすが山ちゃん、相変わらず絶好調でありました/笑)

さて、内容を簡単にご説明いたしますと...
晴れて結ばれたシュレックとフィオナ姫が、姫の祖国である<遠い遠い国>の王と王妃に会いに行くんですが、想像どおり王はシュレックのことを気に入りません。
実は、その昔、王と妖精ゴッドマザーは、ある約束をしており、二人を結婚させるわけにはいかなかったのです。
妖精ゴッドマザーはあの手、この手で阻止しようと企むのだけど...ってな感じです。

いやぁ〜注目していただきたいのは、小ネタ満載のパロディーシ〜ン。
「ロード・オブ・ザ・リング」からはじまって、「スパイダーマン」「ビバリーヒルズコップ」「エイリアン」「マスク・オブ・ゾロ」「ミッション・インポッシブル」「フラッシュダンス」etc。
私が気がついただけでもこんなに...パンフにもっともっと詳細が掲載されているので、ご覧になった方は観賞後パンフを購入されるとより楽しめます♪

そして、相変わらず選曲のいいこと。
古典的なものから最新のヒット曲、往年の名曲がずらり!
「バンデラスも歌ってんのかなぁ〜」なんて思いながら、竹中直人氏の歌を聞いてました(笑)。

家族そろって大満足の作品でした!!!
もちち | さ行 | 04:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2/2PAGES | << |